美容  メイク 

  

水分保湿との戦い

化粧ブラシ

どんな方でも冬場は肌が乾燥しやすく、乾燥肌になってしまう方がたくさんいらっしゃいます。 肌が突っ張っているとか乾燥による毛穴の目立ちを感じるなど、乾燥肌の予兆を感じたらすぐに、しっかりと保湿対策を行なうのが大切です。 初期状態の乾燥は、化粧品による保湿で改善していくので、化粧水やクリームなどをしっかりと使用して、潤いを逃がさないようにするのが大切です。 また、乾燥がひどくなった場合には、肌のバリア機能を壊さないように注意する必要があります。 洗顔料出の洗顔では皮脂や肌の潤い成分が洗い流されてしまうので、朝のみ水洗顔にするなどの対策が有効です。 冬場はそれほど汗もかかないですし皮脂の分泌も少ないです。 朝の洗顔はぬるま湯のみでも充分汚れを落とすことができます。

乾燥肌の方は水分と皮脂の両方が不足しています。 そのため、化粧水で水分を与えるだけでは、水分を閉じ込めておく力が弱まっているため、どんどん水分が逃げていってしまって、保湿できない状態になっています。 そのため、乾燥肌の保湿対策としては、水分をしっかりと閉じ込めるケアが重要になります。 それに必要なのが保湿成分と油分です。 化粧水や美容液に含まれている保湿成分には、水分を逃がさないように抱え込んだり、サンドして逃さない働きがあります。 この保湿成分をたっぷりと化粧品で与えて上がるのがポイントです。 また、不足している皮脂の代わりに肌の表面で膜を張ってくれるのが油分です。 乳液やクリームにはこの油分がたっぷりと含まれているので、スキンケアの最後に使用することで、乾燥対策を行なう事ができます。